F1レーシングカー、スイスの空港でオークション

これ買ったらサーキットで走らせたいですね^^

すっげー速そうです。

整備が大変そうですけど・・・・ 

ヤフーニュースより引用

自動車レースF1で使ったレーシングカーなどが今月19日から6週間、スイスのチューリッヒ空港でオークション販売されることになった。
 今回売り出されるF1車両などはいずれも、スイスを拠点とするF1チームのオーナーを2005年末まで務めたピーター・ザウバー氏が所有していた。同チームはその後BMWに買収された。
 いずれのレーシングカーも優勝経験はないが、F1-sales.comのウェブサイトによると、最低入札価格が約7万3000ドル(約780万円)など、誰にでも手が届くわけではないようだ。
 スイス政府の許可を得てチューリッヒ空港で同販売会を開くことになった主催者は、声明で「F1レーシングカーがチューリッヒ空港で売り出されるのは初めてのこと」とコメントしている。

タグ:自動車レース F1 レーシングカー オークション

「ワゴンR」が首位返り咲き 1月販売ランキング

ワゴンRってうれてますね、昔はずーーっとカローラが一位できまりだったのに、やっぱり最近はデザインも重要視されてるんでしょうか?

燃費もあるんだろけどどうせ買うならデザインがいいのがほしいですもんね^^ 

ヤフーニュースより引用

日本自動車販売協会連合会などが6日発表した1月の新車販売の車名別ランキングによると、スズキの軽自動車「ワゴンR」が前年同月比13.5%増の1万7052台で、3カ月ぶりにトップに返り咲いた。

 ガソリン高を反映して低燃費の軽自動車や小型車が引き続き上位を占めた。ホンダの小型車「フィット」は昨年12月の首位から2位に落ちたが、前年同月比2.8倍と高い人気を保ち、軽自動車を除いた車種では3カ月連続で最も多かった。

 昨年12月に全面改良したダイハツの軽自動車「タント」が前年同月比50.4%増の4位(昨年12月は7位)に浮上し、トヨタ自動車の「カローラ」を上回った。【森有正】

◆1月の新車販売ランキング◆

順位 車名   メーカー  台数

(1)ワゴンR(スズキ)17052※

(2)フィット(ホンダ)15083

(3)ムーヴ(ダイハツ)13795※

(4)タント(ダイハツ)11777※

(5)カローラ(トヨタ)10468

(6)ヴィッツ(トヨタ) 9506

(7)セレナ (日 産) 7061

(8)ヴォクシー(トヨタ)6644

(9)ミ ラ (ダイハツ)6086※

(10)ライフ(ホンダ) 5936※

 タグ:日本自動車販売協会連合会 新車販売 車名別ランキング スズキ 軽自動車 ワゴンR ガソリン高 低燃費 ホンダ 小型車

2月13日よりWindows XPに“自動更新”でIE7を配布

 これって良い事なんでしょうか?

自分のパソコンはIE6なのでこれでIE7になるとどうなるのかな?

使い方は一緒だろうからいいけどツールバーとかはまた設定しなおさないといけなくなるんでしょうかね?

だとしたらめんどくさいですね。

できればこのままで行きたいんですけど自動更新されるわけだから勝手になるわけですよね。

まぁいっか^^

ヤフーニュースより引用

マイクロソフトは2月13日、Windows XP(SP2)/Server 2003(SP2)向けに「Internet Explorer 7日本語版」の自動更新による配布を開始する。これに先立ち、同社は2月4日にIE7の自動更新に関する告知サイトを開設した。
 Windows XP用のIE7日本語版は2006年11月から配布されているが、現状ではユーザーが「マイクロソフト ダウンロードセンター」から手動でダウンロードして導入する必要がある。海外ではIE7英語版の自動更新配布が2006年11月に開始されたが、日本ではIE7への移行により利用できなくなるWebサービスがあることを考慮し、自動更新配布を見送ってきた。同社によれば、銀行やオンライントレードなど、国内の主要なWebサービスがIE7に対応したことを受け、ようやく国内での自動更新配布に踏み切るという。

 配布形態は、従来の「マイクロソフト ダウンロードセンター」での提供のほか、新たに「Windows Update」「自動更新機能」「Microsoft Update」「Windows Server Update Service」による自動更新機能からの提供が行われる。

 2月13日に自動更新による配布が開始されると、通常の自動更新と同様にデスクトップ上で告知のメッセージが表示されるが、自動的にインストールは行われず、IE7をインストールするかどうかはユーザーが選択可能だ。一度インストールしても、アンインストールすることでIE6に戻せる。IE7の自動更新配布の詳細については、マイクロソフトの告知サイトで確認できる。

 なお、Windows XP/Server 2003上でのIE6のサポートは、それぞれのWindowsのサポート期間に準ずる。Windows XP用のIE6は2009年4月までサポートが受けられ、2014年4月まではセキュリティプログラムが提供される予定だ。

タグ:マイクロソフト Windows XP Internet Explorer 7 日本語版 自動更新 告知サイト ユーザー ダウンロードセンター 海外 自動更新配布